新・封斗旅館

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

落ち着け、お前ら

e0031144_22261059.jpgすごい久しぶりにアイコン日記だよ
封斗兄やん、ちょっと鬱入ってるけど今は現実逃避
e0031144_22265835.jpgかなり久しぶりね
もう日記期待してる人なんていないんじゃないの?
e0031144_22281984.jpgそう、そのことで言いたいことがある
e0031144_2228395.jpg頼むから幼なじみ更新しないだけでメールボムはやめてくれ
ていうか、事情があって更新できないんだけなんだから
e0031144_22292126.jpgまぁテスト近いし
更新はしばらく先ね
e0031144_22294122.jpgそういえば、テストなんて物もあったね
[PR]
by fuuton | 2007-02-21 22:29 | 日記帳

あ、今までのは「幼なじみ」に入ってないよ。今日は2/15朝の出来事

そして、今日のも入ってない

いつか入れるから待ってよ(´Д`;)





















2月15日 午前0時頃



封斗「あー、俺そろそろ寝るわ」
愛「えー、もう寝るん?」
靜「ちょっと早すぎるんちゃうか?」
封斗「あなたたちと違って俺は明日学校なんです、察してください」
雪菜「あ、じゃあお布団敷くね」
睦月「あ、私は手伝うー」
封斗「ホントに泊まる気ですか」
愛「野宿せぇと?」
封斗「お前は頑丈だから大丈夫。変態が来ても殺せるし」
睦月「とりあえず君はそこをどきなさい」   布団持ってる
封斗「あ、すみません」
靜「ねー、封斗。自分どっちで寝るん?」
愛「今ここに始まる」
雪菜「愛ちゃん、あからさまだよ・・・・」
睦月「で、どこで寝るの?」
封斗「お前らは俺の部屋とこのカーペットの方で寝ろ。布団は敷いてやる」
靜「ねー、この布団使っていい?」
封斗「なぜ俺の布団を使う」
靜「・・・・・・・・・・・・・・身近にあったから?」
封斗「明らかに今思いつきましたよね、その文句」
靜「いいやんかー、減るもんじゃなしー」
封斗「まぁ許可してやろう」
愛「ラッキー」
封斗「貴様は寝袋だ!」
愛「なんでやねん!」
封斗「や、なんとなく」
愛「しばくで?」
睦月「じゃ、私はこっちで寝るー」
愛「あー!ずるいでー!」
雪菜「あ・・・うちもそっちが・・・」
靜「ちょっ!うちが敷いたのに!」
封斗「おい、貴様ら。早く俺を寝させてくれ」
愛「どこで寝るん?」
封斗「俺はカーペットん所で寝る」
睦月「おk」
封斗「じゃ、おやすみ」          電気を消す



俺の部屋 │カーペットの部屋
       │
   愛  │睦月
   靜  │封斗
  雪菜  │




睦月「ねぇ、封斗」
封斗「ん~?」
睦月「封斗の好きな物ってなんだっけ」
封斗「牛、鳥、豚、ラム、オクラ、たこ焼き、今川焼き、どら焼き、カレー、マーボカレー」
愛「偏ってんなー」
雪菜「じゃ、じゃあ嫌いな物ってある?」
封斗「牡蠣、ナス、魚はマグロ以外ほとんど」
靜「ほー、なんや健康に良さそうなもんばっかり嫌いなんやな」
封斗「偏った生活が身に染みてるんです」
睦月「ところで気になったんだけど、マーボカレーってなに?」
愛「うちも気になった」
雪菜「なんやろ?」
靜「名前のまんまちゃうん?」
封斗「名前のまんまだな。ご飯の上にカレーかけて、その上にマーボー豆腐かける」
睦月「うわっ」
愛「おいしいんか?」
封斗「あっ!言ったなお前!よし、明日食わせてやるよ」
雪菜「封斗君の手料理なんて、久しぶりやね」
愛「ゲテモノやったらしばくで」
封斗「任せろ、きっと大丈夫だ」
睦月「きっとなのね・・・・」
[PR]
by fuuton | 2007-02-18 00:29 | 日記帳

不幸な日

どうも、バレンタインなんて関係ねーよ!

でもゲームでは最重要イベントだよ!

でも、ゲームからバレンタイン自体なくなってきてるよ!

で、今日はそんな関係ねーよ!とか思ってた僕のお話


















封斗「ただいま」
睦月「おかえりー」
封斗「もう慣れたけどな、不法侵入はそろそろやめないか」
睦月「合鍵頂戴よ」
封斗「断る!!」
睦月「まぁなくてもピッキングで入れるけどさ」
封斗「無駄な知識だけ豊富だよな、お前」
睦月「愛の成せる技ですよー」
封斗「さいで」
睦月「あ、これチョコレート。手作りだぞ!喜びなさい」
封斗「わーい、どうもありがとー(棒読み)」
睦月「学校でいくつ貰った?」
封斗「ほぼ男子校でなにを期待している」
睦月「ウホッな関係?」
封斗「俺に聞くな、バカ者」
睦月「てゆーか、反応うすーい。もっと喜んでよ」
封斗「喜んでますよ」
睦月「身体にチョコ塗ったほうが良かった?」
封斗「なんとも大胆なこと考えますね」
睦月「でも、溶かしたチョコ被るんだから熱いよね」
封斗「あれって少し冷めてからやるもんだろ?」
睦月「いやいや、熱々のを被って『私の愛はこんなものより熱いのよ!』みたいな」
封斗「実際やられてみ、痛すぎるぞ」
睦月「君がホワイトチョコ被ってやってくれるなら今から用意するよ」
封斗「しねぇよ!」

ピンポーン

睦月「はい、妻です」
封斗「お前それやめろって」
睦月「はい、はい。どうぞお入りください」
封斗「誰よ」
睦月「えーっと、愛って人と雪菜って人と靜って人」
封斗「なに、あいつら大阪帰ったんじゃねぇのかよ」
睦月「みんな女の子だったよ!」
封斗「バッカお前。一人は女なんてレベルじゃねーぞ」
睦月「どんなレベルだよ!」
封斗「ありゃ、女の皮被ったばけも──いてててて!」
愛「女の皮被ったなんやって?」
封斗「か、髪の毛は勘弁してください!」
雪菜「あ、愛ちゃん。流石に可哀想だよぉ」
靜「まぁ愛が凶暴なんは元からやしな」
愛「靜より凶暴ってことはないって」
靜「封斗、どっちが凶暴?」
封斗「愛に決まって──いたたたたたた!!!」
愛「この頭か? この頭が悪いんやな!!」
睦月「えーっと、君の知り合い?」
封斗「あー、これ全部大阪にいたときの腐れ縁」
愛「どうも、坂上愛です」
雪菜「えっと、村上雪菜です」
靜「桜井靜です」
睦月「あ、私は眞鍋睦月です」
封斗「なんか知らない人たちがいる」
愛「うっさい!」
封斗「で、なにしにきてん」
愛「忘れとった」
封斗「おい」
愛「これ、チョコ」
雪菜「うちのも、上げるね」
靜「自分も作ってん。食べてぇな」
封斗「あー、どうもありがとー」
睦月「モテモテですね大臣」
封斗「言いつつ肉をつねる──いたたたたたたたた!!!」
愛「ホワイトデーは4倍返しで」
封斗「チロルチョコ──いたたたたたた!」
雪菜「うちは別にえぇよ」
靜「気が向いたら返してぇな」
封斗「なに、チョコ渡すためだけに来たん?」
愛「いや、気が変わったから泊まっていこうかな、と」
封斗「は?」
睦月「わ、私も泊まるよ!今日は泊まっていくからね!」
封斗「お前、沙織さんにどう言うつもり──」
睦月「あ、お母さん? 今日、封斗の家に泊まるから。これでOK」
封斗「いや、おkじゃねぇだろ。第一お前ら学校」
愛、雪菜、靜、睦月「休み」
封斗「嘘つけよぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
[PR]
by fuuton | 2007-02-14 23:59 | 日記帳

だりぃなぁ、おい

よぉ、お前ら!

何か今日は素の口調で喋りたくなった封斗兄やんの時間ですよ

まぁ今日もネタがないから睦月との会話になるけどな

別にここに他意はない

この前書いた時の翌日












睦月「・・・・・・・・」      64マリオやってる
封斗「・・・・・・・・」      マリオ見ながら音楽聴いてる
睦月「・・・・・・あっ」
封斗「同じところで7回目ですね」
睦月「あっー!!!もう!!!君やってよ!」
封斗「たりぃ」
睦月「クリア出来たらアイス買ってきてあげるよ」
封斗「なにをしている、早くコントローラーをよこしなさい」
睦月「逆に出来なかったらアイス奢ってね」
封斗「ふっ・・・俺をなんだと思ってやがる」
沙織「あー、いい気持ちだったー。封斗君、お風呂空いたよ」
封斗「これ終わったら行きます」       マリオやってる
沙織「あー、封斗くーん。このプリン貰っていーい?」
封斗「俺が風呂あがりに食べようと思った奴!?」
沙織「どうせ、アイス買ってもらうんだからいいじゃん」
封斗「ですね」
睦月「いいから早くやってよ」






睦月「むー」
封斗「HAHAHA」
沙織「お金あげるから私の分もお願い」
睦月「なんで母さんの分まで買わなきゃなんないのよ」
封斗「どうせコンビニ行くんだからいいじゃんか。ささ、敗者はアイス買ってきてください」
睦月「納得いかなーい!」
封斗「俺その間に風呂入るから」
沙織「誘ってる?」
封斗「沙織さん、さっき入ったでしょ」
沙織「や、お風呂は好きだし」
封斗「2回も入らないで下さい」
睦月「んー、じゃあ行って来るー」
封斗「俺ミントかバニラー」
沙織「いつものー」
睦月「はいはい」






封斗「ふー、気持ちよかった。睦月は帰ってきました?」
沙織「まだ帰ってこないね」
封斗「なにやってんだ」       hydeの「Count Down」が流れる
沙織「なんか娘からメール来た」
封斗「なんだって?」
沙織「帰り道分かんなくなったって。周りには高島屋とスポーツクラブがあるんだって」
封斗「それだけで場所が分かってしまったから行かないでダメですかね」
沙織「別に放っておいてもいいよ」
封斗「アイス食べられなくなりますよ」
沙織「封斗君、お願い。娘からアイス取ってきて」
封斗「睦月は放置ですかwwww」
沙織「だって、どうでもいいし? 今はアイス>>>>>娘みたいな感じ」
封斗「そりゃスゴイ」








封斗「そこな少女、少々道を教えてやろうかこの野朗」
睦月「あ・・・・・・」
封斗「お前、家と全然違う場所」
睦月「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」
封斗「うおおお!泣くなバカ!俺が泣かしたみたいになってるだろ!?あと抱きつくなぁ!」
睦月「ああああん!!」
封斗「あーもう・・・・はいはい、怖かったねぇ」





















またなんかコメントがスゴイことになりそうだな

コメント書く前に貴様らにあえて言おう!!!

























        好きでやってるんじゃない
[PR]
by fuuton | 2007-02-11 00:42 | 日記帳

簡単にね

どうもどうも、封斗兄やん

有言不実行が板についてきました、このダメ人間がっ!

まぁ更新する暇がなかったのが事実です

mixiにも書いたけど金曜の夜には更新出来るはずだった

だけど、睦月によってそれは不可能になった

ここからはmixiからのコピペ

金曜の話をするとこんな感じ




山口から帰って来て風呂に入ってる時に睦月がやって来ました
睦月「こんばんはー、封斗いますかー」
姉「いらっしゃーい、封斗なら今風呂入ってるよ」
睦月「おおぅ、お風呂ですね、了解しました隊長!」



睦月「じゃじゃーん!!!」
封斗「普通に入ってくんなよ」
睦月「絶世の美女である睦月ちゃんが来たのに冷たいね」
封斗「風呂場に服着てやって来る奴にどう反応しろと」
睦月「なるほど、君はこの服が邪魔と。待ってて」
封斗「入れるもんなら入ってみろ」

睦月出て行く

睦月「お待たせー!」
封斗「ぶっ」
睦月「さぁさ、お背中お流ししますよ」
封斗「ばか!こっち来んな!マジで裸になってんじゃねぇよ!」
睦月「ふむ、小さい頃に見慣れてると思ったけど」
封斗「何年前だよ!」
睦月「私は君だから気にしなーい。だから見せろー!」
封斗「来んなー!!!!」


















これ読んで「お前幸せすぎwwwww死ねばいいのにwww」とか思った奴





                  表へ出ろ







俺だって好きでこんなんなってるんじゃねー!
[PR]
by fuuton | 2007-02-05 23:20 | 日記帳



ここは現実逃避のための世界
カテゴリ
全体
自室(自己紹介)
日記帳
リビング(掲示板)
感謝のリンク
手紙(私信)
幼なじみとの遭遇
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧